jinruisi.net Rapportera : Besök webbplatsen


  • Ranking Alexa Global: # 737,962

    Server:Apache/2.4.37 (cento...
    X-Powered-By:PHP/7.4.26

    Den huvudsakliga IP-adressen: 202.221.235.198,Din server Japan,- ISP:RUI Sekkeisitsu Co. Ltd.  TLD:net CountryCode:JP

    Beskrivningen :未開部族の婚姻様式などから、人類500万年に亙る共同体社会の原基構造に迫っていきます。...

    This report updates in 17-Dec-2021

Skapat datum:2006-09-21
Ändrat datum:2021-09-22

Tekniska uppgifter om jinruisi.net


Geo IP ger dig information om bl.a. latitud, longitud och ISP (Internet Service Provider). Vår GeoIP-tjänst hittade var är värd jinruisi.net. För närvarande finns det i Japan och dess tjänsteleverantör är RUI Sekkeisitsu Co. Ltd. .

Latitud: 35.614879608154
Longitud: 139.58129882812
Land: Japan (JP)
Staden: -
Region: -
ISP: RUI Sekkeisitsu Co. Ltd.

relaterade webbplatser

    verhentai.top peliculas24.me ap7.se barnsrattigheter.com boktipset.se 

Analys av HTTP-huvudet


HTTP Header-information är en del av HTTP-protokollet som användarens webbläsare skickar till den så kallade Apache/2.4.37 (centos) PHP/7.4.26 som innehåller information om vad webbläsaren vill ha och kommer att ta emot från webbservern.

Date:Fri, 17 Dec 2021 09:53:59 GMT
Server:Apache/2.4.37 (centos) PHP/7.4.26
X-Powered-By:PHP/7.4.26
Vary:Accept-Encoding,Cookie
Link:; rel="https://api.w.org/"
Keep-Alive:timeout=5, max=100
Connection:Keep-Alive
Transfer-Encoding:chunked
Content-Type:text/html; charset=UTF-8

DNS

ipv4:IP:202.221.235.198
ASN:2497
OWNER:IIJ Internet Initiative Japan Inc., JP
Country:JP
ns:ns2.rui.jp.
ns1.rui.jp.
soa:ml.rui.ne.jp. kanrini.rui.ne.jp. 2015040901 10800 3600 604800 10800

HtmlToText

未開部族の婚姻様式などから、人類500万年に亙る共同体社会の原基構造に迫っていきます。 RANKING NEW ENTRIES 同一視充足に可能性収束した人類① ~サル時代と決定的に異なる点~ (2021/12/17) 樹から落ち洞窟に逃げ込んだ始原人類の外圧 (2021/12/15) 外敵圧力から逃れ、洞窟に隠れ棲んだ原始人類 (2021/12/10) 人類のサルとの違いは、木に登れなくなったこと (2021/12/10) 極限時代の人類の歩みはどうなってる?(直観編) (2021/12/03) 人類と類人猿の違い ~集団形態編~ (2021/12/02) 人類と類人猿の違い~充足行為編~ (2021/11/23) 人類と類人猿の違い ~言語獲得編~ (2021/11/22) 人類と類人猿の違い~技術獲得編~ (2021/11/19) 人類と類人猿の違い~身体的特徴編~ (2021/11/18) RECENT COMMENTS 日本語の成り立ち(文字編)5~平仮名・片仮名の発明~ 毒りんご ( 2018/08/17 ) 教育改革~教員が、教える、という常識から見直す必要 TOKIO ( 2018/01/25 ) 大鶴康裕 ( 2018/01/03 ) 私権社会から本源社会への大転換、その本流は教育革命 kawatera ( 2018/01/14 ) 教育改革~日本の受験システムの不思議さ kawatera ( 2017/12/31 ) 学校教育:男女共学か別学か~明治以降 るんるん ( 2017/12/28 ) 教育改革~自由な思考を封鎖するために共通一次試験が導入された kawatera ( 2017/12/26 ) 偏差値身分制、学歴身分制、、、学校は誰も幸せにしないシステムをつくりあげた kawatera ( 2017/11/26 ) 現実社会を知らずして、教育をする資格はない kawatera ( 2017/09/18 ) キリスト教の性否定観念 ~『キリスト教とセックス戦争』より~ miyagikenjin ( 2017/05/30 ) 日本の学術が考える「教育改革」 kawatera ( 2017/05/30 ) kawatera ( 2017/05/24 ) kawatera ( 2017/05/24 ) 狩猟採集民アンダマン諸島人の子供の家族間移籍 匿名 ( 2016/12/19 ) 【世界の宗教から見える男女の性】-2.キリスト教①~キリスト教の成立はイエスの誕生から全てが欺瞞~ haru ( 2016/11/18 ) 日本の学校は刑務所か軍隊のような場所だ 匿名 ( 2016/11/11 ) 縄文と弥生~その影響について~ 法螺吹き撃退 ( 2014/08/08 ) 【共同体社会の原点(集団)を追求する】3~魚類:種間闘争圧力をバネに群れが進化 Oakley Flak Jacket Sunglasses ( 2014/02/22 ) Michael Kors Portemonnee Sale ( 2014/02/22 ) ツモリチサト 2つ折財布 ( 2014/02/21 ) Oakley Jawbone Sunglasses Sale ( 2014/02/22 ) air max 92 ( 2014/02/21 ) 【人類婚姻史を構造化する】5~交叉婚:単位集団から集団外への充足対象の拡大 air max a petit prix ( 2014/02/22 ) 【人類婚姻史を構造化する】9~ルネッサンスから近代の婚姻様式:私権闘争以降、略奪婚⇒固定一対婚から、自由恋愛へ Oakley Radar Path sunglasse... ( 2014/02/22 ) air max 1 femme pas cher ( 2014/02/21 ) Michael Kors Tassen Kopen ( 2014/02/21 ) 日本の「お正月」は「年神様」と過ごします。 air max requin ( 2014/02/22 ) nike aire 2013 ( 2014/02/21 ) Michael Kors Miranda ( 2014/02/21 ) 初期人類にかかっていた外圧状況 Michael Kors Monogram ( 2014/02/21 ) RECENT TRACKBACK 哺乳類の群れは、他の生物よりの群れよりも何故高度に進化したのか? 09/29 日本語の成り立ち(文字編)5~平仮名・片仮名の発明~ 08/17 毒りんご 教育改革~教員が、教える、という常識から見直す必要 01/25 TOKIO 01/03 大鶴康裕 私権社会から本源社会への大転換、その本流は教育革命 01/14 kawatera 教育改革~日本の受験システムの不思議さ 12/31 kawatera 学校教育:男女共学か別学か~明治以降 12/28 るんるん 教育改革~自由な思考を封鎖するために共通一次試験が導入された 12/26 kawatera 偏差値身分制、学歴身分制、、、学校は誰も幸せにしないシステムをつくりあげた 11/26 kawatera 現実社会を知らずして、教育をする資格はない 09/18 kawatera 2021年12月17日 同一視充足に可能性収束した人類① ~サル時代と決定的に異なる点~ (画像は こちら と こちら からお借りしました) 足の指が先祖返りして樹上機能を失った人類の祖先たち。 他のどんな動物よりも弱い存在となり、エサもなければ、外敵からも身を潜めるしかない 極限的な不全状況において、人類の祖先たちに、強烈な不全解消欠乏が生起 します。 そして、 サル時代に獲得した共感機能(同一視回路)に全面収束 するのです。 が、ここで、 サル時代とは決定的に異なる点 があります! それは、 オスとメスが初めて、同じ状況に陥り同じ不全を抱える存在になってしまった こと!! これによって、 ●オス・メスの関係 ●婚姻様式や子育て体制 ●性や親和の在り様や機能 等が、サル時代と比べてどう変わるのか。 これらこそが、人類婚姻史ブログとしては最大とも言っていいほどのテーマですが、それを追求するためにも、まずはサル時代のオス・メス関係を簡単におさえておきたいと思います。 ▽続きを読む▽ posted by nisi at : 2021年12月17日 | コメント ( 0件 ) | トラックバック (0) Tweet List 2021年12月15日 樹から落ち洞窟に逃げ込んだ始原人類の外圧 前回の記事では、樹から落ちたカタワのサルが洞窟に逃げ込んだという話をしました。 今回からは、その 洞窟の中で、どのように生き延び、人類特有の機能を進化させていったのか を扱っていきたいと思います。 人類とサルに共通していることは、相手の期待と自分の期待を同一視することで、 共認機能を進化させて生き延びてきたこと です。ここで獲得した共認機能によって、オス同士が集団になったり、お互い充足度を共有することで、より高い充足を求めて探索するようになっていきました。この中で、オスメスの役割も進化してゆきます。 ところが、サルで埋め尽くされていた樹上世界から、 地上に落ちたことにより外圧状況が一変 します。これまでも扱ってきましたが、外圧は次のように大きく変化したと思われます。 画像は こちら と こちら からお借りしました。 ①食料が全く手に入らない環境 死肉をあさり、なんとか生き延びていました。樹上に生きていたときは、飢餓状態の弱サルも、木の葉や果実、他者のなわばりからかすめ取り生きながらえることができましたが、 餓死するものも多数いる ような状況だった思われます。 ②外敵に怯え暮らしていた 地上に棲む 外敵(大型肉食獣)から身を守るため、ひたすら隠れ、様子を伺いながら生活していた と思われます。樹上ではほとんどが同類同士の闘争であったのに対し、再び、地上の動物が敵となります。 ③同類の数は、一気に減少 同類の数が少ないため、以前のように性成熟したら集団を出てゆくことは出来ません。親の元に残留して、 子孫を残すために数少ない単一集団で生活 したと思われます。 そして、このような外圧状況は、紀元前500万年前から、観念や言葉を獲得して外敵に適応できるようになるまで、 数百万年続いた と考えられます。 以上のように、まず外圧が大きく変化しています。ここからどう進化していったかは、地上に落ちたカタワのサルが、上記の外圧にさらされたときに、 共認機能を拠り所にしてどのような適応をしようとしたのか 、というところにヒントがありそうです。 次回は、進化の起点となったであろう、オスメスの機能に焦点をあてて、どのように進化していったのかを探っていきたいと思います。 ▽続きを読む▽ posted by matu-syo at : 2021年12月15日 | コメント ( 0件 ) | トラックバック (0) Tweet List 2021年12月10日 外敵圧力から逃れ、洞窟に隠れ棲んだ原始人類 (フィリピン・ルソン島北部にあるカラオ洞窟。画像は コチラ から借りました) 足の指が先祖返りし、樹上生活ができなくなったサル=人類の祖先。 樹上生活ができなくなったカタワのサルにとっての外圧 は、食料確保の難しさや外敵からの影響もあると思いますが、その中でも1番の外圧は、やはり地上に棲む 外敵(大型肉食獣)からどう身を守るか ということでしょう。 サルが手に入れた第4の世界(樹上世界)は、外敵がいないという最高の防衛力と、果実・木の実等の栄養価が高い食べ物が豊富な高い生産力がありました。その世界から身を投げ出されるわけですから、長年面していなかった相当な外圧だったに違いありません。 ▽続きを読む▽ posted by matu-kei at : 2021年12月10日 | コメント ( 0件 ) | トラックバック (0) Tweet List 2021年12月10日 人類のサルとの違いは、木に登れなくなったこと (画像は こちら からお借りしました。) 人類の婚姻史を解明するうえで、初期人類はどんな状況で、男女関係はどのようであったかを解明することが重要です。それは、現在の男女関係の土台を成していると考えられるから。たとえば、人類の男女の性は、他の動物とは大きく違う。セックスは季節を選ばないし、行為の時間も長い。それは子孫を残すという意味を越えている。本能を超えるような性の起源は、おそらく先史時代に遡るはずです。 これを解明するには、原始時代に人類はどのように生きていたのかを解明する必要があります。前回、人類の特長を挙げ、感覚的に成立過程を並べてみました。今回は、「★第一段階~一体充足で生き抜く~」の出発点となる「 足の指の先祖返り 」について検証します。 ▽続きを読む▽ posted by kumana at : 2021年12月10日 | コメント ( 0件 ) | トラックバック (0) Tweet List 2021年12月03日 極限時代の人類の歩みはどうなってる?(直観編) 過去5回の記事では、類人猿から人類に進化して、どのような違いが出てきたのか。人類が獲得してきた新機能とは何なのかを記事にしてきました。これからは、それら新機能が、何時ごろ、何のために、どのようにして獲得してきたのかを追求していきます。 人類と類人猿の違い~身体的特徴編~ 人類と類人猿の違い~技術獲得編~ 人類と類人猿の違い ~言語獲得編~ 人類と類人猿の違い~充足行為編~ 人類と類人猿の違い ~集団形態編~ ▽続きを読む▽ posted by kida at : 2021年12月03日 | コメント ( 0件 ) | トラックバック (0) Tweet List 2021年12月02日 人類と類人猿の違い ~集団形態編~ 人類と類人猿の違い。最後は「集団形態編」です。 (画像は こちら からお借りしました) ①雄雌残留の単一集団 足の指が先祖返りして、肉体的にはどんな動物にも敵わないほどの弱者になってしまった初期人類。 他の動物がほとんど寄り付かないような洞窟の奥深くに住み、まともに外の世界を歩くこともままならない状態では、他の動物のように性成熟したら集団を出てゆくことは出来ません。 しかも、奇跡的に生き延びている状態ですから、周りに同類がいるとは考えにくいのです。 従って、初期人類の集団形態は、必然的に 「雄雌残留の単一集団」になるしかなかった と思われます。 これによって、集団や仲間に対する意識、とりわけ性意識や性関係をがどう変わっていったのかは、婚姻史ブログとしては特に重要な論点です。 ②共同で子育て ヒトの赤ちゃんは、非常に未熟な状態で生まれ、性成熟して一人前になるまでの期間も長くなっています(12~15年)。 また、乳児期も含めて、生物では珍しく 「共同で子育て」 を行うようになりました。 (人類が共同で子育てを行う種であることは、共同養育を促すために出産後に母親のエストロゲンを急減させるようにしたという説もあります。) なぜ共同で行う必要があるのか、共同で行わざるを得なかった理由があるのか、あらゆる側面から検証してゆく予定です。 ③複層社会の形成 極限時代は、ある意味、生命原理に反するともいえる「雄雌残集の単一集団」であった人類ですが、弓矢の発明以降、人口が増えるにつれ、これまた他の生物では見られない 「複層社会」を形成 します。 複層社会を形成するためには、高度な知能が必要になると思われますが、いずれにせよ、これ以降、集団形態が一気に多様化すると同時に、集団統合の難度が一気に上昇します。 古今東西、世界には様々な集団が存在しますが、どんな状況や軸で集団形態が決まってくるのか、そしてその集団をどうやって統合しているのか。 本源集団を再生するためには、ここはぜひ押さえておきたいポイントです。 ********************************************* どれもこれも気になることばかり。 来週からはその追求に入って、仮説をこのブログでもアップしていきますのでお楽しみに! ▽続きを読む▽ posted by nisi at : 2021年12月02日 | コメント ( 0件 ) | トラックバック (0) Tweet List 2021年11月23日 人類と類人猿の違い~充足行為編~ 人類の進化を追求する前提としての「人類と類人猿の違い」。 【 身体的特徴編 】【 技術獲得 編】【 言語獲得編 】に引き続き、今回は【充足行為編】です。 ①感情と表情の豊かさ 喜怒哀楽に代表される「感情」が豊かで微細になり、またそれを示す「表情」も複雑で多彩になります。 ヒトの感情と表情の発達は脳科学の最大のテーマとも言われていますが、例えば、「笑い」といった基本的な情動ひとつとっても、その発達の理由はほとんど解明されていないのが実態です。 ②性の快感度の上昇 繁殖以外の目的で性行為を行います。 さらに、性行為によって得られる快感度は、他の生物とは桁違いです。 それゆえかどうか、性行為にかける時間も長く、挿入や射精を伴わない(場合によっては接触さえ行わない)性充足の方法も多彩です。 性器の構造や胸の大きさを変えたり、年中発情するようになったりと、身体的な進化とも関係していますが、極限状態の中、なぜヒトはこれほどにまで「性」に可能性収束したのか。 そこが追求の最大の焦点となってくると思われます。 ③踊り等によるトランス状態 どんな民族にも見られ、あらゆる文化の出発点でもあると言われる「踊り」。 人間らしさの原点とも言える行為だそうですが、一体感を高めるため、個を主張するため、祈りのため、歩行訓練のため等、様々な説があります。 それにしても、なぜ「トランス状態」になるまで行うのか。 性の快感と同様、非常に気になる点ですね。 ********************************************* 単なる生存欲求を超えて、快適さや便利さ、快美や快楽を求める心。 これこそが、文化や文明を発展させた原動力だと言えます。 従って、人類の進化を解明するうえでは、 「なぜ人類にとってこれほどまでに心の充足が重要だったのか」 がカギになってくるのではないでしょうか。 ▽続きを読む▽ posted by nisi at : 2021年11月23日 | コメント ( 0件 ) | トラックバック (0) Tweet List 2021年11月22日 人類と類人猿の違い ~言語獲得編~ 今回は、言語の獲得について整理してみたいと思います。 動物は鳴き声で危機を知らせたり、威嚇したり、発情を知らせたりしています。 動物の鳴き声と、人類が獲得した言語は何が違うのでしょうか。 ■どこからが言語なのか? 画像はこちらからお借りしました 危険やエサの情報を知らせるには、動物と同じように鳴き声で充分でしょう。オランウータンのようにキス摩擦音による子音の組み合わせによる発音など高度なケースも見られますが、基本的には 感情の表出や外からの刺激に対する反応 がほとんどです。 一方、人類は刺激に対して声がでるのはもちろんありますが、発声をコントロールして言語を産出します。これは複雑さ以外の本質的な違いです。つまり、 本能や五感で捉えられる対象を超えた内容を伝えているのが言語 なのです。 ちなみに、類人猿を含む霊長類は訓練を重ねても任意の合図に応じて声をだすことはできません。類人猿をヒトの子どもを同じように発話を引き出す訓練(実験)はすべて失敗に終わっています。 ▽続きを読む▽ posted by sai-nao at : 2021年11月22日 | コメント ( 0件 ) | トラックバック (0) Tweet List 2021年11月19日 人類と類人猿の違い~技術獲得編~ 前回の記事では、人類進化の身体的特徴について扱いました。 今回は、人類の進化(とりわけ知能進化)と、 道具を使えるようになった過程 について、学説とされている内容を整理します。 まず、初期人類から、新人までの進化と道具の発生は、次のようになっています。 ■アウストラロピテクス・アファレンシス(390~300万年前) 脳の大きさは小さく、道具の使用まではしていなかった。 ■ホモ・ハビリスの登場(220万年~150万年前) 250年前にエチオピアの遺跡で、 自然石の一部をうち割って作った石器(礫石器) の使用跡が見つかっている。 画像は こちら からお借りしました ■ホモ・エレクトスの登場(180万年~5万年前) ・石材のまわりを全面的に打ち掻いて、 手で握ることの出来る形に整形したハンドアックス(握斧) を使用。 ・ 最古の火の使用跡 として、 150万年前の、焼けた骨、高温に熱せられた石 がアフリカで見つかった。80万年前のイスラエルの遺跡では、 火炉の痕跡 として、 焼けた種(オリーブ、大麦、ブドウ)、木、火打ち石 が発見された。 ・30万年前には、木槍や、 石

URL-analys för jinruisi.net


http://www.jinruisi.net//#banner
http://www.jinruisi.net//#comments

Whois-information


Whois är ett protokoll som ger tillgång till registreringsinformation. Du kan få reda på när webbplatsen registrerades, när den kommer att upphöra att gälla och vilka kontaktuppgifter webbplatsen har med hjälp av följande information. I ett nötskal ingår dessa uppgifter;

Domain Name: jinruisi.net
Registry Domain ID: 601979822_DOMAIN_NET-VRSN
Registrar WHOIS Server: whois.discount-domain.com
Registrar URL: http://www.onamae.com
Updated Date: 2021-09-22T18:55:03Z
Creation Date: 2006-09-21T15:16:44Z
Registrar Registration Expiration Date: 2022-09-21T06:16:44Z
Registrar: GMO INTERNET, INC.
Registrar IANA ID: 49
Registrar Abuse Contact Email: [email protected]
Registrar Abuse Contact Phone: +81.337709199
Domain Status: clientTransferProhibited https://icann.org/epp#clientTransferProhibited
Registry Registrant ID: Not Available From Registry
Registrant Name: Whois Privacy Protection Service by MuuMuuDomain
Registrant Organization: Whois Privacy Protection Service by MuuMuuDomain
Registrant Street: 2-7-21 Tenjin Chuo-ku
Registrant Street: Tenjin Prime 8F
Registrant City: Fukuoka-shi
Registrant State/Province: Fukuoka
Registrant Postal Code: 810-0001
Registrant Country: JP
Registrant Phone: +81.927137999
Registrant Phone Ext:
Registrant Fax: +81.927137944
Registrant Fax Ext:
Registrant Email: [email protected]
Registry Admin ID: Not Available From Registry
Admin Name: Whois Privacy Protection Service by MuuMuuDomain
Admin Organization: Whois Privacy Protection Service by MuuMuuDomain
Admin Street: 2-7-21 Tenjin Chuo-ku
Admin Street: Tenjin Prime 8F
Admin City: Fukuoka-shi
Admin State/Province: Fukuoka
Admin Postal Code: 810-0001
Admin Country: JP
Admin Phone: +81.927137999
Admin Phone Ext:
Admin Fax: +81.927137944
Admin Fax Ext:
Admin Email: [email protected]
Registry Tech ID: Not Available From Registry
Tech Name: Whois Privacy Protection Service by MuuMuuDomain
Tech Organization: Whois Privacy Protection Service by MuuMuuDomain
Tech Street: 2-7-21 Tenjin Chuo-ku
Tech Street: Tenjin Prime 8F
Tech City: Fukuoka-shi
Tech State/Province: Fukuoka
Tech Postal Code: 810-0001
Tech Country: JP
Tech Phone: +81.927137999
Tech Phone Ext:
Tech Fax: +81.927137944
Tech Fax Ext:
Tech Email: [email protected]
Name Server: ns1.rui.jp
Name Server: ns2.rui.jp
Name Server: oenblog.rui.jp
Name Server: ml.rui.jp
DNSSEC: unsigned
URL of the ICANN WHOIS Data Problem Reporting System: http://wdprs.internic.net/
>>> Last update of WHOIS database: 2021-09-22T18:55:03Z <<<

For more information on Whois status codes, please visit https://icann.org/epp

  REGISTRAR GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com

SERVERS

  SERVER net.whois-servers.net

  ARGS domain =jinruisi.net

  PORT 43

  SERVER whois.discount-domain.com

  ARGS jinruisi.net

  PORT 43

  TYPE domain

DOMAIN

  NAME jinruisi.net

  CHANGED 2021-09-22

  CREATED 2006-09-21

STATUS
clientTransferProhibited https://icann.org/epp#clientTransferProhibited

NSERVER

  ML.RUI.JP 157.205.218.12

  NS1.RUI.JP 202.221.235.205

  NS2.RUI.JP 157.205.218.6

  OENBLOG.RUI.JP 157.205.218.6

  REGISTERED yes

Gå till toppen

Misstag


Följande lista visar dig vilka stavningsfel som internetanvändarna kan göra för den sökta webbplatsen .

  • www.ujinruisi.com
  • www.7jinruisi.com
  • www.hjinruisi.com
  • www.kjinruisi.com
  • www.jjinruisi.com
  • www.ijinruisi.com
  • www.8jinruisi.com
  • www.yjinruisi.com
  • www.jinruisiebc.com
  • www.jinruisiebc.com
  • www.jinruisi3bc.com
  • www.jinruisiwbc.com
  • www.jinruisisbc.com
  • www.jinruisi#bc.com
  • www.jinruisidbc.com
  • www.jinruisifbc.com
  • www.jinruisi&bc.com
  • www.jinruisirbc.com
  • www.urlw4ebc.com
  • www.jinruisi4bc.com
  • www.jinruisic.com
  • www.jinruisibc.com
  • www.jinruisivc.com
  • www.jinruisivbc.com
  • www.jinruisivc.com
  • www.jinruisi c.com
  • www.jinruisi bc.com
  • www.jinruisi c.com
  • www.jinruisigc.com
  • www.jinruisigbc.com
  • www.jinruisigc.com
  • www.jinruisijc.com
  • www.jinruisijbc.com
  • www.jinruisijc.com
  • www.jinruisinc.com
  • www.jinruisinbc.com
  • www.jinruisinc.com
  • www.jinruisihc.com
  • www.jinruisihbc.com
  • www.jinruisihc.com
  • www.jinruisi.com
  • www.jinruisic.com
  • www.jinruisix.com
  • www.jinruisixc.com
  • www.jinruisix.com
  • www.jinruisif.com
  • www.jinruisifc.com
  • www.jinruisif.com
  • www.jinruisiv.com
  • www.jinruisivc.com
  • www.jinruisiv.com
  • www.jinruisid.com
  • www.jinruisidc.com
  • www.jinruisid.com
  • www.jinruisicb.com
  • www.jinruisicom
  • www.jinruisi..com
  • www.jinruisi/com
  • www.jinruisi/.com
  • www.jinruisi./com
  • www.jinruisincom
  • www.jinruisin.com
  • www.jinruisi.ncom
  • www.jinruisi;com
  • www.jinruisi;.com
  • www.jinruisi.;com
  • www.jinruisilcom
  • www.jinruisil.com
  • www.jinruisi.lcom
  • www.jinruisi com
  • www.jinruisi .com
  • www.jinruisi. com
  • www.jinruisi,com
  • www.jinruisi,.com
  • www.jinruisi.,com
  • www.jinruisimcom
  • www.jinruisim.com
  • www.jinruisi.mcom
  • www.jinruisi.ccom
  • www.jinruisi.om
  • www.jinruisi.ccom
  • www.jinruisi.xom
  • www.jinruisi.xcom
  • www.jinruisi.cxom
  • www.jinruisi.fom
  • www.jinruisi.fcom
  • www.jinruisi.cfom
  • www.jinruisi.vom
  • www.jinruisi.vcom
  • www.jinruisi.cvom
  • www.jinruisi.dom
  • www.jinruisi.dcom
  • www.jinruisi.cdom
  • www.jinruisic.om
  • www.jinruisi.cm
  • www.jinruisi.coom
  • www.jinruisi.cpm
  • www.jinruisi.cpom
  • www.jinruisi.copm
  • www.jinruisi.cim
  • www.jinruisi.ciom
  • www.jinruisi.coim
  • www.jinruisi.ckm
  • www.jinruisi.ckom
  • www.jinruisi.cokm
  • www.jinruisi.clm
  • www.jinruisi.clom
  • www.jinruisi.colm
  • www.jinruisi.c0m
  • www.jinruisi.c0om
  • www.jinruisi.co0m
  • www.jinruisi.c:m
  • www.jinruisi.c:om
  • www.jinruisi.co:m
  • www.jinruisi.c9m
  • www.jinruisi.c9om
  • www.jinruisi.co9m
  • www.jinruisi.ocm
  • www.jinruisi.co
  • jinruisi.netm
  • www.jinruisi.con
  • www.jinruisi.conm
  • jinruisi.netn
  • www.jinruisi.col
  • www.jinruisi.colm
  • jinruisi.netl
  • www.jinruisi.co
  • www.jinruisi.co m
  • jinruisi.net
  • www.jinruisi.cok
  • www.jinruisi.cokm
  • jinruisi.netk
  • www.jinruisi.co,
  • www.jinruisi.co,m
  • jinruisi.net,
  • www.jinruisi.coj
  • www.jinruisi.cojm
  • jinruisi.netj
  • www.jinruisi.cmo
Visa alla misstag Dölj alla misstag